最近では地球環境を考えるために、すこしでも省エネルギーを実現させるようなシステムの開発が行われています。

その中で最近多くの家庭で取り入れられるようになっているのが、太陽光発電になります。

このシステムを取り入れることによって得られるメリットがたくさんあります。

たとえば太陽光発電を取り入れることによって、エネルギーがクリーンで枯渇しないという点があげられます。

これは最大のメリットともなっていますが、エネルギー源が無限で、クリーンであるということは非常に大きく、石油を燃焼させて電気を発生させるという火力発電と比べると、発電するときの汚染物質の問題が解消できます。

火力発電では、発電するときに二酸化炭素や硫黄化合物や窒素酸化物などの大気汚染物質を発生させてしまいますが、この場合これらを発生させる心配がありません。

ここでは結晶系シリコン太陽電池によって二酸化炭素を削減する効果があります。

これは1キロワットあたり年間で314.5キログラムと非常に大きな数字となっています。

原油削減量で考えたときには、1キロワットシステムあたり年間で227リットルも削減することができます。

このように非常に環境に優しいシステムとなっています。
太陽光発電は設置場所を選ばないというメリットもあります。

これは導入するシステムの大きさに関係なく発電効率がほぼ一緒と言うことになります。

設置する場所の広さに合わせて自由にその規模を決めることができるというのもうれしい点です。

したがって大規模施設だけではなく一般家庭にも導入することができます。

それぞれの施設にあったシステムを選ぶことができます。

発電をするときには騒音もなく排出物もないので、周りに迷惑をかけるという心配もありません。

太陽の光さえ確保することができれば、設置場所も選びません。

したがって基本的には屋根や屋上などへの設置が多くなっていますが、最近ではビルの壁に設置しているというような風景も見かけます。