太陽光発電を導入する際には、いくつか注意しなければいけないことがあります。予測できない障害物があったり、それによって出力が制御されると言うことがないように、事前にしっかりと対策をしておくことが大切になります。

そこでポイントとなるのが投資の回収率を上げると言うことです。太陽光発電を導入する際には、初期費用が必要になります。この初期費用を少しでも減らすためには、回収率を上げてできるだけ速く回収する必要があります。

発電するためには日射量が必要になりますが、この日射量は地域によって異なっています。限られた日射量のなかでしっかりと発電させるためには、最適なパネル角度や投資効率を確認する必要があります。そのために事前のシミュレーションが重要です。具体的に理想的なパネルの設置となるのは南向きで、傾斜角度が30度となっています。

しかし場所によっては30度に設置するよりも他の方法が適していることもあります。発電量はシミュレーションによって得られるようになっているので、費用対効果を比べる際の参考になります。向きを変えることで工事費が減少して回収率が上がることもあります。土地が広い場合やいくつか候補の土地があるという場合には、地盤が強くすでにある電柱の近くであれば導入コストを減らすことができます。

また何も考えずにパネルを並べるのではなく、最小の電柱で済むような配置を考えることでコストを削減することができます。近くに住宅があり太陽光パネルの反射光が問題になることもあります。この場合設置場所に大きな鏡を用意し、鏡の角度を設置予定の太陽光発電パネルの角度と同じようにしておきます。

そして東や西や南の方向から鏡を見たときに、鏡に住宅の窓が映らないかを確認します。こうすることで対処をすることができます。

太陽光パネルを設置することで、今まで購入していた電力をその中でまかなうことができるので、経済面や環境面で大きな魅力となります。