自然のエネルギーを利用して電力を発電することができれば、これほど自然環境に優しいことはありません。

技術の発達で開発が進められ、それを実現させることができたシステムが太陽光発電になります。

これは太陽電池が太陽の光であるエネルギーを電気に変換してくれるようになっています。

太陽光発電システムの基本となっているのが太陽電池となります。

この太陽電池は太陽の光を吸収して、直接電気に変えるというエネルギー変換を行ってくれるものとなっています。

素材はさまざまとなっていますが、現在ではシリコンなどの半導体で作られているものがたくさん使われています。

この半導体に光が当たることで、日射強度に比例して発電することができる仕組みとなっています。

太陽電池の特徴は、電気的な性質の異なる2つの種類の半導体を重ね合わせた構造となっています。

したがって太陽電池に太陽の光が当たることで、電子と正孔というものが発生します。

これら2つによって表面と裏面に付けた電極に、電球やモーターのような負荷をつなぐと電流が流れるようになっています。

太陽光発電で作られた電気は、そのまま家庭用電力として使うことができるので非常に便利です。

太陽光発電は、太陽電池を使って太陽のエネルギーを直接家庭で使うことができる電気に変換する発電システムとなっています。

しかし基本的にスイッチ操作をしなければいけなかったり、メンテナンスをしなければいけないと言うことがありません。

手間をかけずに発電することができます。

また余った電力に関しては電力会社に売電することができます。

太陽電池モジュールで電気を作り、これが接続箱を通ってパワーコンディショナーへと集められます。

ここで交流の電気に変換されます。そのあと住宅分電盤を通って家中に電気を配ることができるようになっています。

電力検出ユニットが設置されているので、これによって電気の情報をモニターに送るようになっています。