太陽光発電の設置を検討しているという人がいますが、ここで気になるのはどのくらいの発電量があるのかという点です。

たとえば具体的な数字で考えたときに、2ヘクタールの土地にソーラーパネルを設置すると、ここでは約1000キロワットの定格出力の電力を発生させることができます。

しかしここには天候や時間帯が大きく関係してきます。

夜は発電することができず曇りの日もたくさんの電力を発電することが難しくなっています。

すなわちずっと発電し続けることができないと言うことをしっかりと理解しておく必要があります。

太陽光発電は、1年間で約13パーセントの発電を見込むことができるとされています。

すなわち約1000キロワットのソーラーパネルを使うことで発電される1年間の発電量は、一般家庭約316世帯分の年間使用電力量をまかなうことができるほどとなっています。

太陽光発電は、太陽の光が当たると電力を作り出すことができるようになっています。

しかし太陽の光が当たっていない夜間や曇りの日は発電することができなくなっているので、毎日一定量の電力を供給することは難しいです。

したがって安定性を考えたときには少し弱くなっていますが、地球環境のことを考えたときには非常に大きなメリットがあります。

たとえば火力発電や原子力発電のように燃料を使うことがないので、排気ガスや二酸化炭素や燃えた後に出る不要物、使用済み燃料の処理をしなければいけないと言うことがありません。

火力発電ではエンジンやタービンというような可動部分が必要になりますが、太陽光発電ではこれらの部分がないので故障が発生しにくくメンテナンスが楽です。

実際に必要となる太陽の光も、地球環境に優しい安全でクリーンなエネルギーとなっているので、最近では一般家庭への普及も多くなっています。

国からの補助金制度は終了していますが、地方自治体などからの補助金制度を利用すると、設置するときに初期費用の負担が少なくなります。