エコであり地球環境にも配慮された太陽光電。今では家庭でもソーラーパネルを利用した発電が可能になり、エコや節約などの多方面で注目されてきています。ですが、その仕組みを理解している人というのはなかなかいないのではないでしょうか。

これから太陽光電を利移用したい人も、そうでない人も何故注目されるのかその仕組みだけでも知っておきましょう。

太陽光発電では光電効果と呼ばれる現象を利用しています。物質に光が当たると電子が生じるこの光電効果現象が起きます。その時に多くの物質の場合には発生した自由電子は外部に出て行ってしまい、せっかくの電子を利用することができません。

せっかく生まれた電子も利用することができないのであれば意味がありませんよね。そこで太陽光発電では上手く電子を電流に組み替えることが出来るように、光が当たり生じた自由電子を内に留めやすい性質をもつ半導体であるシリコンを用いています。

ただ、半導体を用いても単体では光を上手く電気に変えることができず、内部で生み出された電子がその場で熱エネルギーに変換されてしまい、熱を発してせっかく生じたエネルギーを消費してしまいます。

そうならないようにソーラーパネルでは2種類の半導体を重ねることで電子が上手く表面に移動する仕組みになっています。

なのでソーラーパネルに光が当たると、内部で自由電子が生み出され、異なる半導体によって生み出された経路で電子が移動。

パネルの表面に電子が浮き出てきます。その浮き出た電子をパネルに張られた電極で拾い上げることで電気として利用することができるのです。