太陽光発電は、一般的には屋根の上で行います。

住宅の屋根の上に太陽光を電気に変換する太陽光パネルを設置し、建物において最も日の光が当たる場所で、その自然の力で発電をするのです。だからこそ太陽光発電装置を設置する上で、屋根の点検というのは重要な意味を持ちます。

けして軽くはない太陽光パネルの重みに耐え、いつでもそこで発電の仕組みを支えられる屋根でなければなりません。

とはいえ太陽光発電がそうして屋根の上が存在する、一軒家でなければ実施できないものということでもありません。

太陽光発電は日の光が当たる場所なら、どこでもその力を発揮することができます。

ただ時間によって影に入ってしまう低い位置での設置では、効率がよくないのは確かです。効率を気にしなければ庭でも家の中でも、マンションのベランダでも太陽での発電は可能です。

近年マンションのベランダに、太陽光パネルを設置して電気を作る行為は都会を中心に広がりつつあり、太陽光発電はすっかり一軒家の専売特許ではなくなりました。

屋根に比べて圧倒的にスペースが狭くなる分、多くの発電量は期待できませんが、エコの意識の高まりからそれは利害を抜きにして重用され始めています。

ただしマンションのベランダは、室内とは違い廊下やエントランスといった共用部分としてカウントされるため、管理組合の許可なしに勝手に本格的な大きさのパネルを設置することは叶わないのが現実です。

太陽光パネルの設置を承る業者も、屋根の上に設置するノウハウはあってもベランダへの取り付けは門外漢であり、システムや部品が流用できないなどの理由で依頼を受けたがらない状況も見られます。

ベランダで太陽光発電を行うには管理組合との交渉を恐れず、パネル設置業者を頼りつつもいざという場合には自分の力で設置する覚悟を持った上で、金額的な得をとろうと思わないといった高い志が必要です。

気持ちさえ確かならば、ベランダでも十分太陽光発電の魅力を感じることができるでしょう。